不動産について

以前に購入した中古物件が違法物件の場合

住宅などの建物は、建築基準法に基づいて建てられることになっています。
全ての建物が最新の法律に準拠する必要はなく、建てた時の法律に則っていれば問題はありません。
違法な物件であっても、大きな問題がない限りには取り壊しや建て替えをしないといけないとは言われません。
知らずに購入をして、そのまま住み続けることもあります。
違法物件に関しては、当事者同士で確認をしていれば問題なく成立します。
しかし、売主が買主に違法であることを告げずに売却したとなると問題になります。
建物や土地に隠れた瑕疵があるとされるので、その物件を売った相手に対して損害賠償請求を求めることができます。
では、いつでも求めることができるかです。
判例によると、損害賠償請求権は、住んでから10年で時効によって消滅するとされました。
これからもこの判例に基づいて処理がされていきます。
10年以内であれば損害賠償請求ができますが、超えていると行うことができません。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.