不動産について

競売物件に手を出すのはリスクが高い

不動産投資でも商売でも、いかに初期費用を抑えるかが重要になってきます。
不動産投資をする場合、資金が少ないうちは中古物件から始めるのが普通です。
中古物件は価格が安いので、負担が少ないのが大きな魅力になります。
そう言うこともあり、競売物件がおいしいと言われることが多いです。
しかし、初心者が競売物件に手を出すのはやめた方がいいでしょう。
競売物件は確かに安いです。
しかし、共益費の滞納や不法な占有などに関し、裁判所は責任を持ってくれません。
落札者が全て処理しなければいけないわけです。
もちろん、自分で対処できると言うのであれば、競売物件を買ってもいいでしょう。
しかし、不動産投資初心者がそれらを解決するのはかなり難しいです。
精神的負担も大きくなりますし、時間もムダになります。
わざわざ競売物件を狙う必要はないでしょう。
安い物件は競売物件でなくても探せば意外と見つかります。
インターネットを駆使して探しましょう。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.