不動産について

容積率や建ぺい率に違反した建物の購入

住宅を建てるための土地には、一応住宅を建てられます。
まずは建ぺい率が定められていて、その敷地内にどれくらいの部分に建物が建てられるかが決められています。
50パーセントなら、敷地の半分しか建物が建てられません。
100パーセントならすべてに建てられます。
容積率は延べ面積です。
2階建てや3階建てなら100パーセント以上もあり得ます。
基本的には、容積率や建ぺい率を守って建物を建てることになりますが、違反をしている物件がないわけではありません。
違反をしているから販売できないわけではありませんが、公正な取引をするのは難しくなります。
中古で購入しようとするときにローンを利用するとき、建物の情報を伝えます。
違反物件の場合には融資を受けることができません。
違反物件は、通常の相場に比べると安めになります。
ですから購入者もその部分に目が行くのかもしれません。
基本的には売り主は買い主に違反物件であることを伝えて売却しないといけません。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.