地震が起きた時に大きく揺れるマンション

日本は地震が多く、毎日のようにどこかで起きているようです。
ネット上でも、最近どこで起きたかなどの情報を調べることができます。
一度起きると、その後しばらく起きることがあるので十分注意しないといけません。
地震が起きれば当然揺れます。
場合によっては、家の中のものが倒れたり、棚のものが落ちたりすることがあるかもしれません。
最近になって購入したマンションが非常に良く揺れる場合、震度があまり大きくない場合は大丈夫かと気になることもあるでしょう。
まず、耐震性の意味を知る必要があります。
耐震性は、地震に耐えられるかどうか、建物が倒れないかどうかです。
ですから、揺れるから耐震性がないわけではありません。
家具が倒れてぐちゃぐちゃになっても、耐震性は十分備えていることもあります。
免震・制震となると少しことなります。
こちらは揺れを少なくする仕組みなので、大きく揺れるとするとその機能がきちんと働いているかどうか気になるでしょう。
販売業者に確認をするとよいかもしれません。

飯田橋で人気の角部屋賃貸マンション
見つけた時が契約するチャンス!

レジデントスタイルは地域密着
ならではの物件をご用意しています

ワンちゃん・ネコちゃんと一緒に住む
ためのお部屋探しのお手伝い

エンパートナーズ
地域密着型の不動産店

サンプルイメージ1

容積率や建ぺい率に違反した建物の購入

住宅を建てるための土地には、一応住宅を建てられます。
まずは建ぺい率が定められていて、その敷地

サンプルイメージ2

売主にも気をつけなければいけません

住宅を建てるための土地には、一応住宅を建てられます。
まずは建ぺい率が定められていて、その敷地

以前に購入した中古物件が違法物件の場合

住宅などの建物は、建築基準法に基づいて建てられることになっています。
全ての建物が最新の法律に

競売物件に手を出すのはリスクが高い

不動産投資でも商売でも、いかに初期費用を抑えるかが重要になってきます。
不動産投資をする場合、

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.